Top
カテゴリ:岩手( 3 )
岩手県千厩町奥玉
f0196973_23534892.jpg


祖母の家からの道。今はなくなってしまったが右側に池があった。
夏は銀ヤンマを追い、冬は氷にのって遊んだ。
夏の夜には池から山に向けて「ふるだびっき」の大行進があった。

ふるだびっき / ウシガエル

2004年8月20日 撮影
[PR]
by sansonkeikaku | 2010-04-15 00:00 | 岩手
岩手県住田町
f0196973_163136.jpg


川沿いに小さな集落がある。子供の頃からよく釣りに来た。
しかし、それは子供の釣りではなく、車で2時間以上かけて訪れる場所だ。
(友人の父と、友人3人で釣りをしに来た。)
田舎に育った私であってもこの川(集落)の雰囲気は、特に山村を感じるものだった。
水は澄み、魚は美しく、よく釣れた。先に見える橋は川向こうの寺への参道へと続いている。

2005年7月25日 撮影
[PR]
by sansonkeikaku | 2010-04-14 01:27 | 岩手
岩手県東磐井郡千厩町奥玉
f0196973_10592038.jpg


ここは私の祖母が住んでいた家。
私の生家ではないが、母はこの家で育った。
私の住んでいたところからは車で15分ほどで幼少の頃より遊びにいった。

茅葺きの話

茅葺きとはその名の通り屋根に茅(ススキなど)を葺いたものである。
いかにも山村らしい風景を作り出してくれる茅葺きであるが、その維持は容易ではない。
 
子供の頃に屋根葺きを見た。古い茅がはずされ骨組みだけになった屋根に新しい茅を葺いていく。
屋根の上にいる人は落ちないのかと心配だった。祖母は真新しくなった屋根におおかた満足をしていたが、仕上げの部分についてあれこれと不満を漏らしていた。子供の私にはわからなかったが、茅を切って、叩いて軒を整える技術が昔より落ちたのだという。そうはいっても葺き替えられた屋根は空によく映えた。季節はいつのことだったか覚えていないが、さわやかな日だった。

2004年8月20日 撮影


この記事についての関連記事はこちらです。
[PR]
by sansonkeikaku | 2010-04-07 12:00 | 岩手


山村の風景を綴ります。
Calendar
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
青森
岩手
秋田
宮城
山形
福島
未分類
以前の記事
2010年 04月
お気に入りブログ
「 Flower Tim...
CafeTrio
OUTDOOR SHOP...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧